プリムールの張り方


①下準備

壁紙を貼りたい面のコンセントのプレートやカーテンレール等を取り外し、

可能な限り家具も移動させ作業しやすいようにします。

この時、床や移動出来ない家具が糊で汚れないようにビニールなどで覆うようにします。

 

②壁紙を剝す

今貼ってある壁紙を剝します。

めくる面の上下左右の四隅にカッターで切り目を入れます。

壁紙をよく見ると、壁紙と壁紙の継目が90㎝程置きに見られます。

壁紙の継ぎ目がはっきりわかる場合にはそこからめくるように剝します。

剥がすと薄く紙が壁に張り付いて残ります。

③壁紙をカットする

貼りたい面の壁の高さを計ります。

計った長さに少し余裕を持たせカットします。

④糊を塗る

壁紙用の糊を用意します、希釈(水溶き)が必要なものはダマが残らない様にトローっと

ゆっくり垂れる程度まで少しずつ水を加え溶きます。

カットした壁紙の一枚を床に広げ、ペンキ用のローラーなどで壁紙の裏面に満遍なく塗ります。

この時左右端に4cm幅程度のビニール紐を貼っていきます。

塗り終えたら糊を塗った面どうしが合わさるように30~50cmほどの間隔で扇子のように

折りたたんで行きます。

折りたたんだものはビニールで包むなどして15分程寝かせます。

残りも同じ様に塗って、折りたたんで行きます。

 


⑤壁紙を貼る(一枚目)

通常は右側から貼っていきます。

カットした一枚目に貼る壁紙の天地(上下)を確認し,傾かない様に貼ります。

一枚目が傾くと徐々にずれていってしまうので、傾かないように注意して空気の入らないように貼ります。

この時、上端と右端に少し切りしろ分の余裕を持たせて貼ります。

⑥余分をカット

竹べらで上端と右端の切りしろ(部屋の角)をしっかりなぞり筋を付けます。

筋が付きにくい場合は硬く絞ったスポンジなどを使い軽く湿らせると付きやすくなります。

枠周り(天井、部屋の角)に地ヘラを押し当てカッターを沿わせるようにカットします。

この時カッターは壁から離さず、地ヘラをスライドさせカットしていきます。

下端に余った分も同様にカットします。

左端のテープを取り、ローラーで貼り付けます。

最後に湿らせたスポンジなどで枠周りについた糊を拭き取ります。

拭き残しがあるとシミや汚れの原因になってしまうので注意が必要です。


⑦壁紙を貼る(二枚目以降

右端を一枚目に貼った壁紙に少し重ねるように貼ります。

この時右端のビニールは剝さず、柄をしっかり合わせます。

後は一枚目と同じ要領で柄のズレに注意して貼っていきます。

⑧つなぎ目の処理

一枚目と二枚目の重ねて貼った部分に地ヘラを当て二枚一緒にカットします。

二枚目の右端のビニールとカットした一枚目を取りローラーでしっかりと貼り合わせます。

⑨最後の一枚を貼る

一枚目と同様に最後の余分をカット(⑤参照)するのですが、

かなり余ってしまう場合は貼り終わった壁紙の左端から部屋の隅まで計測し切りしろ分の余裕を持たせ 

縦にカットすると貼りやすくなります。

最後にコンセントプレート等のスペースを切り取り、最初に取り外したものを元に戻します。